SHUGYOKU使い方ガイド

朝のお手入れ

ぬるま湯でフェイスウォッシュ(2プッシュ) → 美容オイル(2滴で顔、首まで) → セラム(500円玉大で顔、首まで) → 美容ジェル(小指第一関節程度) → UV下地 朝ケア

※洗顔後直ぐにオイルを使うことでブースター的な役割を果たします。ハリ、ツヤを与え日中の乾燥(エアコンや外気)からお肌を守ってくれます。

夜のお手入れ

美容オイル(2滴)でポイントメイクOFF → ぬるま湯でフェイスウォッシュ(3プッシュ) → 美容オイル(3滴で顔、首、デコルテまで) → セラム(500円玉大×2で顔、首、デコルテまで) → 美容ジェル(小指第一関節程度をデコルテまで) 夜ケア

※美容オイルは洗浄成分がないので、目元のエイジングケアを兼ねた優しいメイク落としとして使えます。ウォータープルーフタイプの濃いめのメイクやリップグロスもさっぱり落ちます。

乾燥がひどい時の応急ケア

通常のケアでは追い付かない乾燥、病み上がりや疲れがひどい時に冴えない顔色を明るくしたい時などにおススメな方法は…

ぬるま湯でフェイスウォッシュ → 冷水引き締め(冷水で10秒ほど洗顔) → 通常ケア(最後の美容ジェルは親指第一関節ほどをしっかり塗布します)

※冷水で引き締めることでお肌の血液循環を促進し温冷効果で肌トーンを明るく導きます。毛穴の開きが目立つ方も冷水引締めはおススメです。

マッサージいらずの美脚術

夜の入浴直後の温まった下半身(お腹、臀部、脚も含めて10プッシュ)、二の腕(両腕で4プッシュ)にボディジェルをしっかり馴染ませるように塗布します。

朝も同様にシャワー後に塗布してください。

全身保湿ケア&美ボディケア

お風呂に数滴(3滴~5滴)ほど美容オイルを入れて浸かります。お肌に膜を作り乾燥しらずのお肌に導きます。

※入浴後はボディジェルの使用がおススメです。

疲れた時の時短☆夜ケア

美容オイル(2滴)でポイントメイクOFF → ぬるま湯でフェイスウォッシュ(3プッシュ)→ 美容ジェル(親指第一関節程度) 夜クイックケア

※帰宅直後にそのままベッドに行きたい時は、メイクを落として美容ジェルのみでお休み下さい。