美容ライター・サカイナオミのコスメCat’s Eye

ミスト状クリームが鍵! 摩擦0でハリ・ツヤ・弾力あふれる猫フェイスへ


猫狂いの美容ライター・サカイナオミが、猫とSHUGYOKUを強引に結びつけるビューティコラム。第3回のテーマは、「大人の摩擦レスケア」について。無敵の可愛さを誇る猫にも訪れる老化の波。年老いても可愛い…とは限らない人間が、猫のような美しさを保ち続けるには? ハリ・ツヤ・弾力あふれる猫フェイスをスマートに叶える「S-美容コンピタンスクリームスプラッシュ」の魅力とともに考察!

サカイナオミさん

美容ライター。美容室勤務、美容ジャーナリスト齋藤薫氏のアシスタントを経て、美容ライターとして独立。「25ans」、「VOGUE GIRL」、「WWDJAPAN」、「fashionsnap.com」など、女性誌やWEB、百貨店媒体、広告、書籍などさまざまなメディアで執筆中。

Instagram:@neonaomineco5

第1回 | 第2回 | 第3回

ハリ・ツヤ・弾力のなさで老け見えするのは、猫も人間も同じ


私は3匹の猫と暮らしている。すべて雄猫で、長男猫は13歳。人間でいうと68歳なので立派なシニアである。


前回のコラムでも少し触れたが、三角のお耳、プクプクのヒゲ袋、キュッと目尻が上がったアーモンドアイというキュートなパーツがデフォルトで搭載されている猫は、ちいかわのハチワレのようなおフェイスなので、おじいちゃんになろうと可愛さは薄れない。ただ、それでも「老けてきたな…」と感じるポイントがいくつかある。それが、全体的なハリ・ツヤ・弾力の低下だ。

人間とともに暮らす家猫は、飼い主が食事や定期検診で健康を気遣ったり、顔を拭いてやったりブラッシングをしたりと日々こまめにお手入れをしてどうにかキレイを保つことができるが、人間の場合そうはいかない。自分の美を保つだけでもひと苦労なのに、他人のたるみを引き上げツヤを与えにきてくれる暇人などいないのだから、自力でしっかりケアをしていかなければならない。


とは言え、老化を恐れるがあまりオーバートリートメントになってしまわないよう要注意。自己流マッサージや、いくつものスキンケアを重ねることによる摩擦刺激でかえって肌を傷めてしまうこともあるから、いかに摩擦を起こさず大人の肌が求める栄養を与えられるかが、結局はハリツヤあふれる若々しい肌を保つ鍵となる。

お手入れし過ぎにSTOP! “ミスト状クリーム”で若猫のようなハリツヤを


SHUGYOKUの最新作「S-美容コンピタンス クリームスプラッシュ」は、そうした「日常のスキンケア癖」を見直し、お肌にハリとツヤを与えるエイジングケアを目指して生まれたミスト状のクリーム。


1品多機能型の「S-リフト美容オールインワンウォータリークリーム」と24時間美容を目指した「S-リフト美容コンデンスミスト」をひとつに集約させ、さらにミスト形状にすることで、美容液やクリームを“塗る”という工程を省略。肌に余計な負担をかけずに栄養をたっぷり届け、ハリツヤあふれる美肌を目指すことができるという画期的なアイテムだ。

“ミスト状クリーム”というのが前代未聞すぎて、「ミストで潤いにフタ?」「本当にエイジングケアまでできるの?」と若干不安を感じる人がいるかもしれないが、SHUGYOKUファンの皆さん、思い出してください。これまでも“塗るナイトブラ”、“化粧液パック”など化粧品の常識にとらわれないアイテムを数々世に送り出し、その全てが実に機能的で、ことごとく手応えが鮮やかであったことを。


このミスト状クリームも、エイジングケア クリームとしての機能を発揮する希少かつパワフルな成分がこれでもかと詰め込まれているから、スプラッシュなテクスチャーでありながらも、ハリツヤあふれる後肌感が叶う。手で擦らなくてもそれらの成分が素早く浸透していくように、肌なじみの良さにこだわり抜かれているところもポイントだ。

お手入れの最後に、日中のリフレッシュに、メイク後の潤い補給に。ミストをシュッとひと吹きすれば、若猫のようにむっちりとしたハリ・弾力・ツヤやかさが湧き上がるのを実感できるはずだ。


第1回 | 第2回 | 第3回

Also Read

あわせて読みたい

美容ライター・サカイナオミさんの新コラム『コスメCat’s Eye』好評連載中です!


第3回は、ハリ・ツヤ・弾力あふれる猫フェイスをスマートに叶える「S-美容コンピタンスクリームスプラッシュ」の魅力を考察!

記事を読む

SHUGYOKU待望の新製品『オリビオティカル シェイピング フォーミュラ』発売に寄せて、以前にもコラムをご寄稿くださった美容ジャーナリストの齋藤薫さんと、そのお弟子さんでありSHUGYOKUユーザーの美容ライター・サカイナオミさんとの師弟対談が実現! おふたりのご愛用アイテムや注目ポイント、そしてこれからのSHUGYOKUに期待することまで、たっぷり語っていただきました。

記事を読む

Top